読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い画面

大晦日の未明にWindows Updateを失敗するようなミュージシャンは世界にわたし一人だけでいい。世間の人々は今頃「今年も色々あったよねー」的な感じで蕎麦をすする夢でも見ているのかもしれないけれど、作業用PCのOS更新に失敗をするとそうもいかない。真夜中、目の前の沈黙したパソコンと青く光る画面を見つめながら、OSのインストールディスクを探したりしなければならない。つらい。「Windows 更新プログラムの構成に失敗しました」という文字をもう何時間眺めているのだろうか。つらい。あまりにもつらいので試しにドイツ語っぽく言ってみる。つらいッヒ。乾いた空気がさらに乾いた気がした。

 

昨日から今日にかけて、各種ソーシャルメディアでわたしからいいねをされた人は、わたしが青い画面の前で途方に暮れながらその投稿記事にいいねをしたのだということを知ってほしい。いや、知ってほしいだなんて気持ちは烏滸がましいのかもしれない。それはわたしのエゴだからだ。いいねは正しくタップされて投稿者の心を満たすべきだし、であるならば、いいねをした側の意思はそこに反映されるべきではない。いいねはいいね以上でもいいね以下でもない。いいねはいいねだ。だから、いいねなのだ。「PCの復旧作業で超テンション低いけど、でも、その料理なんだか美味しそうだから、いいね」なんていうボタンは存在しない。いいねの前では主義や思想もなく、どんな状況にある人もどんな人生を生きる人も平等だ。全てが等しくいいねなのだ。いいねの前で笑い、時に怒り、そして泣く。何万回、何億回と押されたいいねがトラフィックの海を駆け抜けて、君のもとへと届く。そう、ずっと何かを探してる……えっ、これってもしかして、おれたち夢の中で、入れかわ

 

なんの話をしてましたっけ?…そうそう、パソコンの調子が悪いのよー!なんなのもう!あんたブスのくせに飲みっぷりだけはいいオンナね!(オカマ口調から元に戻して)そんな一年の終わり、なんだかなあですが、2016年を全体的にザックリと振り返ってみると良い一年であったなあと思います。各方面、お世話になった方々へ精神的に感謝っぽい雰囲気のアレを。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

最後にこちらをひとつ。ご指名いただき光栄でした。洲崎綾さんのことを知るにはとても良い一冊かと思います。

 

 

 

以上、青い画面の前から藤本がお送りしました。

広告を非表示にする

Shiny color / Sweets à la mode♪ / キミという光

「藤本告知」で姓名判断をしてみたら「芸が身を助けるタイプ」と出ました。じゃあ、告知しますね。

 

ただいま放送中のTVアニメ「マジきゅんっ!ルネッサンス」、第6話挿入歌・土筆もね(CV:蒼井翔太)が歌う『Shiny Color』、第8話挿入歌・一条寺帝歌(CV:梅原裕一郎)が歌う『キミという光』で作曲と編曲を、第7話挿入歌・帯刀凛太郎(CV:小野友樹)が歌う『Sweets à la mode♪』で作曲を担当しました。

 

 

 

 

11月30日からSolo-kyun! Songsシリーズとしてリリースされていきます。物語や登場人物とリンクした楽曲たちです。機会がありましたらぜひぜひ。

 

広告を非表示にする

今夜は星空ディスコティック☆ / 胸騒ぎJust☆Paradise / 青春☆サンセット

皆さん、2016年が終わる前になにかやり残したことはありませんか?わたしですか?そうですね、告知くらいかな…(照

 

TVアニメ「SHOW BY ROCK!!」劇中バンド、トライクロニカ(CV:宮野真守村瀬歩逢坂良太)が歌う『今夜は星空ディスコティック☆』『胸騒ぎJust☆Paradise』で共作詞・作曲・編曲を担当しました。『今夜は星空ディスコティック☆』は6月22日に、『胸騒ぎJust☆Paradise』は11月16日にシングルとしてリリースされ現在発売中です。また『胸騒ぎJust☆Paradise』のカップリング曲『青春☆サンセット』でも作曲を担当しています。

 

 

 

『今夜は星空ディスコティック☆』は7月に放送された「SHOW BY ROCK!!しょーと!!」で、『胸騒ぎJust☆Paradise』はただいま放送中の「SHOW BY ROCK!!」第2期の第4話で使われていましたね。夢銀河レインボーバー、わたしも食べたい…

 

トライクロニカの楽曲と言えば、第1期の挿入歌だった『キミと☆Are You Ready』で編曲を、そのカップリング曲『ボクらのShiny Star☆』では作曲・編曲を担当しています。そちらもあわせて機会があればぜひぜひです。

 

 

広告を非表示にする

シャークガール'99

「サメの歌を作ってほしいんです」

 

2015年の夏、深夜一歩手前の時間帯に急遽設定された打ち合わせ。開け放たれた窓から聞こえる渋谷の喧噪を背に、カーキ色の帽子を目深く被ったまま担当者はそう言った。

 

「サメの歌、ですか?」

「はい、サメの歌です」

「サメって、あれですよね、海にいる感じの…」

「そうです、海にいる感じのやつです」

「あの、尾ひれがついてたりする感じの?」

「尾ひれがついてたりして牙が鋭い感じの」

「あー、やっぱりあのサメなんだ」

「彼女が好きなんです」

「えっ」

「京佳ちゃんがサメを」

「…ああ、歌ってくれる女の子がサメを好きだと」

「そうですそうです、サメを」

「尾ひれがついてたりする感じのサメをね」

「そう、尾ひれがついてたりカマボコの材料になったり」

「あ、カマボコの材料ってサメなんだ」

「練り物系はけっこうサメを使ってたりするんですよ。はんぺんとか」

「そうなんだ…へえぇ…」

Wiki情報ですけどね」

「ああ、Wikipedia便利ですよね…」

 

夢みるアドレセンスの京佳ちゃんが歌うサメの曲、『シャークガール'99』の制作はこうしてスタートしました。そして(中略)無事に完成し、1月20日に発売された夢みるアドレセンスのシングル『舞いジェネ!』初回限定版Fのカップリングとして収録されています。作詞は宮川弾さん、作曲と編曲はわたくし藤本です。

http://natalie.mu/music/news/169418

 

なんだかおかしなバランスの面白い曲になったかと思うので、ぜひ聴いてみて下さいませ。よろしくお願いします。以上、告知でした。

 


京佳(夢みるアドレセンス) 『シャークガール’99』

追記:イントロの叫び声はわたしです。あと、告知部分以外は大体フィクションです。

 

広告を非表示にする

街角ピエロ

前回の更新から50日弱が経過しまして、年末年始なんてものは存在しなかったかのように世界中が日常を取り戻しているわけですが、しかし、わたしの年末年始はまだ終わっちゃいない、終わらせちゃいけない、終わらせるなんてことは許されない。なぜなら、前回の投稿で2015年を振り返るという風呂敷を広げたまま、まだ何も回収できていないから…

 

……回収できていないから?

 

ちょっと待ってほしい。回収する必要とその理由って何かありました?「それをしなくちゃいけない」と思い込んで根拠や理由をどこかへ置き忘れてしまった悲しきピエロ、それが今のわたしなのではないだろうか。風船を片手に佇む街角、もう帰る場所なんてない。だけど、涙は見せない。だって、子供たちの笑顔が待っているから…

 

なんの話をしてましたっけ……あーあーあー、広げた風呂敷を回収する的なアレねー。まあ、そもそも論ですけど、年末年始なんて言ってもどこでなにを区切るのかってだけの話だから、そこはほら、フィーリングでね、「あ、今おれ年末年始がきてるな!」っていう雰囲気を感じた時にガッツリと回収をすればいいのかなって思っていますけどね。感覚的にはまだ2015.8年あたりですね。もうちょいです。わたしの年末年始。マイ年末年始。

 

 

広告を非表示にする

牛歩戦術

わたくし、自分の住んでいる場所とかお気に入りの店の名前とかでTwitter検索したりするんですけど、これもエゴサーチって言うんですかね。エゴサーチと呼ぶのだとすると、自分のエゴイズムの範囲がかなり広がってきてしまっているということで、ちょっとこれ、穏やかじゃない事態ですよねえ…(満面の笑みで

基本的には作品名や曲名で検索しているので、皆さん「好き!」とか「嫌い!」とか「死ね!」とか、自由奔放に感想を呟いていただければ幸いです。

 

さて、前回のエントリーで2015年を振り返るとか振り返らないとか書いたような気がしますけど、考えてみれば今年もまだ2週間ほど残っているこの時点で果たして振り返っちゃっていいものかどうか。

振り返っていいの?振り返ったら私達の恋も終わっちゃうんじゃないの?でも、時には振り返る勇気も必要だよね、それって強さだし、強くないと誰かに優しくなんてできない気がして……などと意味のわからないことを供述しており、事件との関連について慎重に捜査を進めています。

なんというか、自動筆記的にこうして書いていると途中から何を書いているのか全くの迷子状態になってしまうことも多々ありまして、そんな時は心のGPSをスイッチオン、一気に立て直しをはかりたいとは思いますが、はて、なんの話をしていましたっけ……あーあーあー、2015年の出来事を振り返る的なアレねー。でもほら、もう文字数も結構いっちゃったので、今回も一端筆を休ませまして、本格的な2015年振り返りは次回ということにして、さあ、街へ繰り出そうぜ。そうやって画面の前にいるだけじゃ、"本当のリアル"は手に入らないんだ。

 

よし、寝るわ。

 

 

広告を非表示にする

コミットさん

全てのインターネットサービスのパスワードをマイナンバーにしました。

 

さて、師走も半ばを過ぎ、一年を振り返ってああだこうだという声がそこかしこから聞こえてくる季節となりました。「2015年を漢字一文字で表すと!」とかね、「今年の流行語はこれだ!」とかね、決めちゃってね。必要でもないのに。

でも、わたしの仕事も一次産業や二次産業と比較してそれって必要?と問われれば「いやあ、どうなんですかね」と照れ笑いをするしかない感じのアレなので、であれば、むしろ漢字や流行語みたいな企画に対してもっと積極的にコミットする意識を持った方がいいんじゃね?お前そっち側の人間なんじゃね?ってことになったりしますよね。しませんかね。どうなんでしょうね。

あ、いま「いいから、グダグダと御託を並べてねえでさっさと踊っちまえよ!」という天からの声が…!YAZAWAの声色で…!

 

ということで、2015年を振り返る的な作業は次回に譲って一端筆を置こうと思います。

 

 

広告を非表示にする

本日のどうもこうもないか

スーパーで値引きされている見切り品のお惣菜から始まる恋があったっていいと思うんですよ。

 

半額になっているマカロニサラダに伸びた二人の手が重なって「あっ」。軽く会釈をして離れる二人。数分後、3割引きのメンチカツに伸びた二人の手が再び重なって「あっ」「すみません」……クスクスと笑い出す彼と彼女。「おかずの好み、似てますね」「そうですね」「メンチカツ、好きなんですか?」「母の得意料理だったんです」 

 

(JPOPをインストアレンジしたBGM、いらっしゃいませの声)

 

「あの…もし迷惑でなかったら、晩ご飯、ご一緒にどうですか?」「えっ」「いや、同じおかずを一緒に食べれば経済的だし、なにより誰かと食べるご飯って美味しいですから」「そっか。そうですよね。えっと、逆にいいんですか?」「もちろんですよ」

 

みたいな感じで。食べ物の好みや経済感覚が近いわけだから、結構いいカップルになると思うんですよね。どうですかね。どうもこうもないか…

 

 

広告を非表示にする